★初めての方はまずはこちらから★

施設

【介護の職場①】デイサービスに転職の際の成功ポイント

今回は、「デイサービスの職員はどのようなことをしているか?」に求人内容について解説します。実際に私が3年間働いていましたので、こと細かに解説させて頂きました。

デイサービスで働いてみたいと思っている

どのような仕事か詳しく知りたい

自分に合っているか知りたい

方に、参考になる内容になっていますので、最後までお読みください。

デイサービスとは?

高齢化が進む中、施設ではなく在宅で生活を送られている方が、多くなってきています。

1日滞在する通常のデイサービスから始まり、最近では、半日のリハビリデイ、延長のある小規模デイ、リハビリ重視のデイケアなどいくつか種類が増えてきています。

デイサービスは、要介護認定を受けた方が、在宅生活を送る上で、

自宅での生活が続けられて行くよう身体機能の維持・向上を目指す

最近引きこもりがちで表情が暗い

新しい趣味を見つけて欲しい

介護ばかりで自分の生活が欲しい

といった

ご利用者様とご家族様の

  • 社会的孤立感の解消
  • 心身の機能の維持
  • 御家族の介護負担の軽減

が主な目的となっています。

ケアマネージャーが、在宅生活に必要だと判断し、支援(ケアプラン)の1つとして組み入れて、サービスを受けることが出来ます。

デイサービスセンターや特別養護老人ホーム等の福祉施設に日帰りで通い、

  • お食事
  • 入浴
  • レクリエーション
  • 健康観察
  • 機能訓練

等を受けられます。

同じ通所系の居宅サービスであるデイケア(通所リハビリテーション)は、主治医の指示に基づき病院や病院や介護老人保健施設等の医療施設に日帰りで通うリハビリを中心としたサービスです。

介護スタッフの仕事内容

朝からの一連の流れをいうと、

  • 朝の準備(お休みの確認)
  • 送迎
  • バイタルチェック(健康観察・ご家族からの連絡確認)
  • レクリエーション
  • 入浴
  • 食事介助(昼食・おやつ)
  • トイレ介助
  • 体操
  • お昼寝
  • 記録
  • 清掃・洗濯
  • 明日の準備

 

この様になります。

私が働いていた施設は、明日の準備が終わってから、スタッフミーティングや研修を行ったり、パソコンで翌月の予定などを書いた施設の新聞を作ったり、レクリエーションの準備など、行っていました。残業代は頂けませんでした。

相談員・介護事務(兼務している場合も多い)の仕事内容

介護スタッフが現場で働いている間、相談員や事務員は、

  • 相談業務
  • 契約業務
  • ケアマネージャーや主治医との連絡調整・報告
  • 計画書の作成
  • 請求業務

など行っています。

ご家族様やご利用者様の相談は、相談員が受けます。求めているサービス内容を把握し、現場スタッフとサービスの提供方法などを相談します。

契約では、主にサービス内容・金額等の説明は事務員が行います。

新規のご利用者様がおられる場合、「担当者会議」が行われますが、相談員が出席します。ご本人・ご家族様・ケアマネージャー・福祉用具専門相談員・サービス提供責任者などと顔を合わせ、支援の内容や今後の課題など総合的に支援の話し合いや確認がなされます。

ご利用者様の様子が通常と違っていたり、急病や、急なケガなどがあった場合には、ケアマネージャーに必ず報告します。また、服薬情報の更新があった場合、情報の共有がなされていない場合、速やかに連携を進めます。

また、服薬の注意事項、飲むタイミングなど伺い、受け取った情報は、速やかに現場スタッフにも共有させます。

ケアマネージャーが作成したケアプランを元に、デイサービスでのサービスプラン(契約書)を作成します。主に相談員の仕事になります。

  • 経理等の問題や営業の問題などで、業務を分割することが望ましいのですが、施設の規模により、ご利用者様に伺って行う契約は、相談員が兼務する場合も多いのが現状です
  • 事業所によっては、相談員も送迎や現場で介護スタッフとして介助に当たることもありますので、現場に出ず相談員のみの仕事に従事したい場合は、しっかり確認してください

待遇

 

職員の年齢層

  • 夜勤業務がないため、女性が多く、年代も小さなお子様がいる世代の方が多く見られます
  • 夜勤手当がなく、収入が低いため、男性職員は少なめです

お給料の相場

正社員・未経験

地域によって違いますが、未経験で無資格もしくは、初任者研修(ヘルパー2級)資格の場合、17万円~19万円です。

夜勤手当がない分、低めです。

正社員・経験ありで転職した場合

経験年数にもよりますが、介護福祉士上級資格を取得している場合、20万~23万円程度になります。

特に介護福祉士を取得していると、デイの場合は事業所側も加算が取れますので有利です。

正社員で相談員の場合

相談員になるには、自治体によっても違いますが、社会福祉士や社会福祉主事や介護福祉士の資格がある事が条件になります。

23万円~25万円と、やや高くなります。

パート

地域の最低賃金より少し高い程度に設定されています。経験や資格によって時給がアップします。

派遣

パートよりはやや高めの時給になっていることがほとんどです。1000円前後が相場になっています。

日祝手当

ある所とない所がありますので、注意が必要です。

運転手当

事業所によっては、ドライバーさんを雇っている場合もありますが、現場の職員が送迎している施設もあります。運転が出来ると、運転手当が付いたり、時給が上がったり上乗せされる施設もあります。

夜勤当直のあるデイサービス勤務

特別養護老人ホームや老人保健施設等についているデイサービスの場合、施設の当直を行うことがあります。その場合は、もちろん当直手当が付きます。

また、お泊りをしているデイサービスでは泊まり勤務をすれば、手当てが付きます。

勤務時間

8時30分から17時までの所が多いのですが、延長のあるデイサービスでは、18時まで営業しているところもあります。その場合、早番・遅番などの変則勤務になる場合が多いです。

こんなかたにおすすめ

①にぎやかな雰囲気が好きなかた

施設のご利用者様と違い、デイサービスのご利用者様は比較的元気な方が多いです。デイサービスでは、おしゃべりしたいと、楽しみにして来られる方が多くおられます。外出して、気分転換が出来ることが、喜びなのです。

朝から、夕方までとにかく様々な仕事があり、常にがやがやしています。仕事が分担されていて、全員とお話しできない場合もあります。

その中で、レクリエーションでは、歌ったり、体操をします。みんな一緒に工作したりゲームもし、入浴介助やトイレ介助など行います。大きな声で歌ったり、冗談を言ったり、その場を明るく出来る方にピッタリです。

②介護業界初心者の方・資格のない方

施設では、寝たきりのかたが多く排泄(大半がオムツ交換)介助もありますし声掛けしても、反応がない方が多いです。そもそも施設は、要介護3以上で身動きの取れない方が多くおられます。

認知症で同じことを繰り返し話したり、大きな声を上げる方などもおられますし、ねぎらいの言葉を頂く事も少ないです。

介護職が初めての場合、このような介護現場の実態に驚くことも多いですし、笑顔もなければ、ねぎらいの言葉もないと、「やる気を失ってしまう」場合もあります。

デイサービスでは、身体が動かせる元気な方が多く、頑張ってリハビリに励んでおられる方に、こちらが元気を頂けます。

また、意思疎通も出来るご利用者様が多く、複雑な介護技術もそれほど必要がないため、無資格・初心者の方におすすめです。

③日勤帯で働きたい方

夜勤が出来ないかた、夜勤をしたくない方におすすめです。

私が働いていたデイサービスで実際に正社員で働いていた方は、お子様がおられたり、自分や体調を考慮して、日勤帯で働けるデイサービスを選んで働かれていました。

③日曜・祝日に休みたいかた

デイサービスは、比較的日曜・祝日がお休みの所が多いです。また、お盆休み・お正月休みも取りやすいといえます。

なぜなら、お盆やお正月にはご利用者様の家に、来客があり、ご利用者様がお休みされるからです。私が以前勤めていたデイサービスでは、お彼岸やお盆には営業していましたがご利用者様の当日キャンセルが多く、お盆休みを頂くようになりました。

デイサービスでの転職の成功ポイント

デイサービスでの良い点を語って来ましたが、選ぶ際に「ブラックなデイサービスを選ばないようにする」ことは、転職を成功させるためには、非常に大切です。転職先を選ぶ際には次のポイントは必ず気を付けて見て下さい。

残業

デイサービスの1日を振り返って頂くと分かるかと思いますが、昼間のサービス時にちょうど良い人数しか採用していない施設では、当然ですが残業があります。レクリエーションや翌日の準備をしなくてはならないからです。

私の働いていた施設では、ご利用者様が帰った後にも仕事が残っていることが、殆ど毎日でした。私の子供は高校生でしたので、19時に帰宅してもとりあえず、差し障りはありませんでしたが、やっぱりそれが年間を通してとなると、身体も疲れますし、自分の時間も無くなってしまいます。おまけに、残業代が0円となると、もはや、仕事というか「奉仕」になってしまいます。

これは、面接時に上手に質問するか、口コミを調べるなどして、必ず確認する事をおすすめします。

サービス残業が当たり前の職場ですと、子供の学童のお迎えや習い事・塾に間に合わないと言う理由であっても、帰りづらかったりします。

残業が出来ない代わりに「レクの飾り物はお子さんと作れば楽しいから自宅に持ち帰ってね」と言われることもあります。私もその当時は当たり前のように行っておりましたが、それは、典型的な「ブラックな施設」です。

せっかく転職するのですから、そんな人材を軽んじている施設に自分を安売りすることはありません。

スタッフの人数

介護施設には、「配置人数」が法律で決まっています。「ご利用者の人数」に合わせ必要な職員の数がいないと、営業してはいけない事になっています。

私が以前働いていた施設では、それを守り必要な人数を揃えていたはずなのですが、とにかく忙しかったです。

職員が定着せず、新人の職員が多かったからかもしれません。やはり、ベテラン職員がたくさんいる方が、スムーズに仕事が進むものです。

そこまで、具体的に口コミを調べるのは難しいかもしれませんが、面接後、現場の見学をさせて頂くと、よく分かります。

  • 職員が小走りになっていないか
  • 職員の身だしなみが整っているか
  • 入浴介助のままの姿で歩き回っていないか
  • にぎやかなのか、ガチャガチャしているのか

など、確認してください。

  • 必要最低限の人数しか採用しない利益重視の可能性あり
  • ベテランが少ない人材が育たない・待遇面での問題あり
  • 新人が定着しない新人いじめをする環境がある(上司の指導が行き届いていない)

と言う可能性があります。

これは、私が勤めた施設で、実際にあったことですので、気を付けて下さい

 

まとめ

デイサービスがどんな雰囲気かお分かりいただけましたか?

私が介護施設で「正社員で働きたい」と転職活動した当時

  • 夜勤がない介護施設
  • 正社員

という条件に合う施設は、デイサービスでした。

その頃の私はとにかく、一人前の介護士になりたくて、それが「ブラックな働き方」だと気付かず自宅に仕事を持ち帰ったり、休日に事務仕事をしに行ったり、一生懸命でした。でも、それはダメな働き方です。

やはり、

  • 時間内に仕事を終わらせる事
  • 出来ないなら出来ないとしっかり伝える事

が大切です。そうでないと、仕事自体を嫌になってしまったり、身体を壊してしまいます。それに、施設自体も、そういった職員の厚意に甘え、いつになっても人材不足を真剣に捉えることなく、どんどん「ブラック施設」になって行くのです。

転職の際は、出来るだけ、表に出ていない情報を手に入れることが成功の秘訣です。

私は、転職エージェントを利用して、施設の実態、内部情報を聞いて、転職活動を円滑に進めることが出来ました。

転職活動で、1番知りたいのは、施設の実態です。それが全てだと私は思っています。

それを知るにはやはり転職のプロの転職エージェントが1番です。

スムーズな転職活動は、ストレスがなく就業へ向かうことも出来ます。

あなたも転職エージェントを利用して、自分の希望に合った職場を探してください。

登録後の流れはこちらになります

【転職エージェント登録から内定までの・入社までの流れ】と注意するポイント今回は、転職エージェントを登録した後は、どういった流れで仕事が決まっていくのか、その流れを詳しく解説していきます。 転職エージ...

 

あなたは今、どんな悩みを抱え、転職を考えておられるのでしょうか?

毎日、辛い思いをしながらあなたを支えておられるものは、何でしょうか?

ご利用者様からの感謝の言葉、笑顔、ご自分の使命感。。。

少しでも、現状に不満を感じるのであれば、

自分を奮い立たせるものが、あるうちに「調べるだけ」で構いませんので、行動してみて下さい。

私のように、疲れ果ててしまって退職してからですと、立ち直るまで、時間が掛かってしまいます。なかには、こころの病になり、立ち直れない方もおられます。

そうならないように、元気なうちに情報収集だけでもしてみて下さいね。

さくら
さくら

悩みを解決して笑顔の多い明るい毎日を送れるようになりますように。最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が「役に立ったよ!」と思われましたら、「ランキングの応援」をお願いします。

にほんブログ村 介護ブログへ

また、介護の仕事でお悩みがありましたら、一人で抱え込むと大きくなってしまいますのでお気軽にご相談ください。もちろん無料ですのでお気軽にどうぞ。お待ちしています!

<strong>さくら</strong>“></div><div class=さくら
こんにちは。さくらです!!

私は、ユニット型特別養護老人ホーム・デイサービス・訪問介護ヘルパ-の仕事をして、10年近く、介護職として、携わっていました。

ですが、激務のあまり、1度介護業界から離れることに。

その後「自分に合った働き方」を見つけ、「仕事に振り回される事なく」なおかつ、「自分や家族との時間」も手に入れ、充実した生活を送っています。

もしも、あなたが仕事をに振り回され、「もう介護の仕事はしたくない」と思っておられるようであれば、まずは、私のブログを読んで下さい。実は悩みは解決出来るのです。

あなたにとって、大切なこと、大切なものは何ですか?もしも、苦しい日が続いているのであれば、1度リセットされることをおすすめします。

なぜなら、たった1度の人生です。毎日、笑顔でいられることが大切です。自分の生活や働き方を見直してみてはいかがでしょうか?

知らないだけで、意外といろいろな、方法があるものです!

あなたにも、私のように、働きやすい職場を自分で選ぶ方法を知って、自分の時間・家族との時間を犠牲にせず、笑顔が多く、後悔のない人生を送って欲しいと願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です