人間関係

悩むだけムダな悩み5選

 

悩みが多くて困っている

解決出来ない悩みがあってつらい

自分は情けない人間だと思ってしまう

自分の生い立ちが嫌い

夫に変わって欲しいのに何をしても変わらない

と思っておられる方に、お役に立てる内容になっています。最後まで、じっくりお読みください。

 

悩みやすい性格

実はこれは過去の自分に言いたいことなんです。

私の幼稚園の頃、両親が親が別居して、高校生の頃再婚。

父親不在の家庭でした。

そのためか、色々と悩み多き子供時代。

その後大人になって結婚。

ここでも、育児、夫婦生活で何だかんだ悩みます。

無料でしたが、カウンセリングに言ったこともあります。

自己啓発の本を読みあさったときも。

ですが、私の経験上悩みやすい人は

いくら良いアドバイスを聞いても

自分が納得いくまで悩み続けます。

結局悩んでいたい。

なぜかというと

さくら
さくら

どうしても解決したいから

諦めたくないいんです。

自分なら解決出来ると信じている。

 

悩んだところで解決しないことは

やっぱりあるんです。残念ながら。

だから過去の自分にきつく言いたいんです。

悩むだけ時間のムダだよって。

悩むだけムダなこと

そこで今日のテーマ。

①みんなと仲良くしたい

誰一人全く同じ考えの人は

いませんので皆と仲良くしたいなんて

絶対に無理。それは無理です。

でも私も実は思っていました。きっと道徳の本が好きだったからですね。

もし、皆と仲良く出来るのならそれは、見せかけだと思います。

それか、気の合う仲間同士ばかりが集まっている居心地の良い環境とか。

でも、ご利用者様全員と仲良くしている職員さん、いるので。あんな風になりたいんです!

そうですね。そう思っていました。でも、私はそれが出来なくて悩んだことがありました。職業柄、気が合わないからと言ってケアはしなくてはなりません。

傾聴して共感しなくちゃいけない。

でもある時先輩が

共感は無理してしなくてもいいよ

と教えてくれました。無理なんです!出来るのは神様じゃないかな?

なので、

みんなと仲良くしたいけど出来なくて悩むのはムダです!

②価値観の違い過ぎる人の言葉に影響され悩む

何であんなこと言われたんだろう。どうしてかな?
自分に何か落ち度があったのかな?

と悩むことがあります。

時々、道徳観と言えば分かりやすいでしょうか?

価値観の違う人いますよね。

例えば、

去年の忘年会、場所最悪だったねー

と言う方おられます。幹事に対する、思いやりに欠けています。

 

この言葉だけでは判断付きませんが、こういった自分と

価値観の違い過ぎる人

礼儀のない人

思いやりのない人

を相手に悩むことはムダです!

自分と合わない人は必ずいるもの。そういった人とは距離を置いて影響を受けない様にしましょう

③あの人が○○だったらいいのに

変わって欲しい。変えたい。

これは、例えば夫。上司。後輩。

身近な人にそう思ってしまいます。

ですが、他人を変えることは出来ません。

金八先生みたいな古いかな)熱血な先生じゃないから。

例えばあなたが夫を「家事を自然に手伝うような声掛けをして家事をしてくれるようになった」ことは夫を変えたわけではありません。誘導したのです。

結果的にこれはだったとしても。

 

性格を変えられるのは自分だけなので悩んでもムダです

 

④何で自分は○○さんみたいに出来なのだろう

同期なのに。自分はダメだ。

思いがちですね。

でも、人それぞれに向き不向き個性があるのです。人と比べるのはムダです。

比べるなら昨日の自分と比べる。

昨日より今日の自分は成長出来ているはずです

 

⑤○○だったらよかったのに

何でこんな家に生まれたんだろう。

生まれ育った環境や過去の事をあれこれ悩む。

でも、取り戻せないものを、悩むのは愚の骨頂!

時間がもったいない!

例え生まれ育った環境が悪かったとしてもこれからの人生はあなた次第。明日を素敵に生きるかどうかはあなたに決定権があるのです!

 

まとめ

悩むだけムダな悩み5選。

いかがでしたか?

答えのない悩みをずっと抱えているのは、時間がもったいないです。

もっと他にやることがあります。

 

でも、こんな「悩むのはムダ!」なんて

言っている私でもハケンになる前は酷かった(笑)

私は、正社員で働いていましたが、サービス残業

に見合うような、ボーナスは、頂けていませんでした。

しかも、私は、ハローワークで紹介された、老舗の施設だった

のにも関わらず、求人票に書いてあった内容にズレがありました。

存在するはずの福利厚生施設は、「今は存在していない」とか

賞与の金額が大幅に違っていたりとか。

確かにボーナスは余剰利益から算出されるものですが、

実際に支払われたのは見込み額の半分でした。

今思えば、その時に、さっさと、辞めればよかったと

後悔しています。。。

ですが、働き方を「派遣」に変えたことによって、

理不尽だと思うことにイライラしたり、

悲しくなったりすることは、なくなりました。

自分の自由な時間は増え、精神的にも穏やかな毎日を過ごせています。

介護業界は、常に人手不足です。

しっかりと探せば、自分にとって理想の職場を

見つけることは可能です。

登録派遣サービスの中でも、「きらケア派遣」は

たくさんの施設とのパイプが太いため、高時給の求人が多く存在します。

定期的に次の派遣先を提案してくれるため、

介護の現場で働く方には非常に人気のある派遣会社です。

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございました。

この記事が「役に立ったよ!」と思われましたら、「ランキングの応援」をして頂けますと励みになります!

にほんブログ村 介護ブログへ

また、介護の仕事でお悩みがありましたら、一人で抱え込むと大きくなってしまうことがありますので、インスタからでも、お気軽に声をおかけ下さい。お待ちしています!

 

<strong>さくら</strong>“></div><div class=さくら
こんにちは。さくらです!!

私は、ユニット型特別養護老人ホーム・デイサービス・訪問介護ヘルパ-の仕事をして、10年近く、介護職として、携わっていました。

ですが、激務のあまり、1度介護業界から離れることに。

その後「自分に合った働き方」を見つけ、「仕事に振り回される事なく」なおかつ、「自分や家族との時間」も手に入れ、充実した生活を送っています。

もしも、あなたが仕事をに振り回され、「もう介護の仕事はしたくない」と思っておられるようであれば、まずは、私のブログを読んで下さい。実は悩みは解決出来るのです。

あなたにとって、大切なこと、大切なものは何ですか?もしも、苦しい日が続いているのであれば、1度リセットされることをおすすめします。

なぜなら、たった1度の人生です。毎日、笑顔でいられることが大切です。自分の生活や働き方を見直してみてはいかがでしょうか?

知らないだけで、意外といろいろな、方法があるものです!

あなたにも、私のように、働きやすい職場を自分で選ぶ方法を知って、自分の時間・家族との時間を犠牲にせず、笑顔が多く、後悔のない人生を送って欲しいと願っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です